• 大規模修繕
  • リフォーム
  • 大規模修繕のよくある質問
  • 平成23年実施アンケート
  • 大規模修繕のお問合せはこちら
dayx
today
today
yesterday
yes

大規模修繕はわからない事だらけ、だから心配・・・

大規模修繕・マンション大規模修繕工事は一般的には、分かりにくいことばかりで、非常にとっつきにくいということが多いのではないでしょうか?

近畿経済産業局・近畿地方整備局共同認定の新連携事業計画の取り組みにより、大規模修繕に関する不安や心配を一掃できる「BOVシステム」を実現しました。

大規模修繕を通して管理組合様とともに未来を考えるカンサイ建装が推進する新連携事業計画は、近畿経済産業局・近畿地方整備局から認定されています。

連携企業について

工事は連携・グループ企業で施工します

グループ内での施工の為、施行者一人ひとりの顔をすべて把握しています。同時に、一人ひとりの高い技術により品質の高い安全な大規模修繕をお約束します

大規模修繕について

大規模修繕について

長期修繕計画に基づき10~12年の周期で建物の外壁、屋上、バルコニーの修繕を行います。共用部の階段や廊下のシート張替や樋の取換えを行うこともあります。

リフォーム

ホンモノのリフォームとは、単に見た目が変わっただけではなく、その先のライフステージを見つめた設計・空間を提供し、長期的に資産価値を保つようにコンサルティングでもお応え致します。

1960年代に第一期マンションブーム、近代化への取り組みの一環として集合住宅の開発が 推進されました。それから50年が経過し、現代では都心部を中心に超高層マンションの開発がすすめられています。

集合マンション住宅が開発され始めてから50年が経過し、改修・建て替え、管理費・修繕積立金の運用・回収、管理組合役員不足、管理組合役員による不正問題など、取り巻く環境には切実な状況になっています。

管理組合が敷地または共有部分保全・清掃・消毒及び処理、広報、居住者間のコミュニティ形成、計画を立て、修繕積立金の運用などがあります。その他、良好な住環境を確保するために必要な業務等があります。